韓国出願 (その7・出願事実証明書)

 

 「特許申請やってみる」では、私の弁理士経験をもとに、特許出願に関連する情報を提供しています。

 

 韓国の特許業務法人NEITさんから、出願事実証明書という書類が届きました。

 特許権の一部の権利を、韓国の特許業務法人NEITさんに譲渡したので、出願人が私と鄭先生の二人になっています。


韓国出願 (その6・譲渡書)

 

 「特許申請やってみる」では、私の弁理士経験をもとに、特許出願に関連する情報を提供しています。

 

 韓国の特許業務法人NEITさんから、譲渡証書と印鑑登録証明書の送付依頼が来ました。

 これは、特許権の一部の権利を、韓国の特許業務法人NEITさんに譲渡するために必要なもので、このような譲渡が無い場合には必要無い書類になります。

 台湾では、出願前に譲渡書を送るように言われたのですが、韓国では出願後に譲渡手続を行うようです。


韓国出願 (その5・出願完了)

 

 「特許申請やってみる」では、私の弁理士経験をもとに、特許出願に関連する情報を提供しています。

 

 韓国の特許業務法人NEITさんから、約1ヶ月前の2010115日に送った英文の特許明細書等に基づいて、23日に韓国への特許出願と実体審査請求の手続が無事に完了したことの報告がありました。

 出願番号:10-2010-0009971です。

 

 途中、私の英文や日本語の特許明細書の内容についての質問を受けることも無かったので、発明を充分に理解した上で韓国語の特許明細書を作成してくれたのだと思います。

 

 韓国の審査請求期間は、国際出願日から5年で、今回の発明については201523日までに審査請求を行うかどうかを決定する必要があります。

 

 この後、韓国からのアクションが有り次第、進捗を報告したいと思います。


韓国出願 (その4・情報のやりとりについて)

 

 「特許申請やってみる」では、私の弁理士経験をもとに、特許出願に関連する情報を提供しています。

 

 韓国の特許業務法人NEITさんとの間のやりとりは、総て日本語のメールで行っています。

 日本語に堪能な担当者がいらっしゃるようで、メールのやりとりもスムーズで、安心して手続を進めてもらうことが出来ました。


韓国出願 (その3・出願に必要な書類)

 

 「特許申請やってみる」では、私の弁理士経験をもとに、特許出願に関連する情報を提供しています。

 

 韓国にパリ優先権ルートで特許出願する場合には、

 1 出願の氏名、住所の英文表記(出願人コードの申請のため)

 2 委任状

 3 日本に出願した特許明細書

が必要になります。

 

 台湾では必要だった優先権証明書などは、韓国では必要ないようです。

 韓国語は、日本語と文法が似ているので、日本語に基づいて韓国語への翻訳をしてもらっても大きな問題にはならないのですが、英文の特許明細書の方が、日本語の特許明細書の誤りを修正していたり、分かりにくい部分を細かく説明していたりしていたので、英文の特許明細書の内容に基づいて、韓国語の特許明細書を作成してもらうことにしました。

 つまり、上述の1〜3に加えて、英文の特許明細書も用意し、韓国の特許業務法人NEITさんに送付しました。

 韓国の特許業務法人NEITさんは、日本語にも英語にも問題無く対応して下さるので、このような私の依頼を快く応じて下さりました。


韓国出願 (その2・私の手違い)

 

 「特許申請やってみる」では、私の弁理士経験をもとに、特許出願に関連する情報を提供しています。

 

 私のメールアドレスの不具合で、韓国の特許業務法人NEITさんとの間の音信が不通になっていましたが、私のメールアドレスを変えたところ不通の問題は解決しました。

 お陰で、韓国への出願手続が遅れてしまい、特許業務法人NEITさんに大変迷惑をかけてしまいました。

 特許業務法人NEITさん、申し訳ありませんでした。

 

 韓国の出願手続について、問題なく行っていただけるとのことですので、この後、その進捗を報告していきたいと思います。


韓国出願 (その1)

 

 「特許申請やってみる」では、私の弁理士経験をもとに、特許出願に関連する情報を提供しています。

 

 ここまで、私が考案した発明を日本の特許庁に出願する過程や、日本の特許制度について説明してきました。

 私が考案した発明は、2009219日に出願したので、そろそろ出願日から1年が経過します。

 2009719日〜28日のエントリーで、外国出願の制度的なことを簡単に説明しました。

 

 これから、私が考案した発明について、具体的に外国出願手続きを行って、外国の特許制度や手続きの過程を紹介していきたいと思います。

 

 20091119日のエントリーで、台湾のJOU AND JOU特許事務所(東大國際専利商標事務所)様が、このブログの企画に協力してくださることを紹介しましたが、韓国の特許業務法人NEIT様も、このブログの企画に協力してくださることになりました。

 

 本当に感謝の一言で、是非役に立つ情報を提供していきたいと思います。

 

 ネイト(NEIT)は、知恵と戦闘を象徴する古代エジプトの女神の名前か由来だそうで、格好いい名称です。


calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM