英文明細書作成 (その12)

 

 「特許申請やってみる」では、私の弁理士経験をもとに、特許出願に関連する情報を提供しています。

 

 昨日のエントリでは、日本では常識的に理解出来るけれども、外国では常識的に理解されるかどうか分からない単語については、その意味を追記しておいた方が良いという話をしました。

 

 但し、この作業は、翻訳作業者はやってくれません。

 日本語の特許明細書を読み、技術的な意味を理解し、英文明細書作成時に、追記すべき事項であるかどうかを判断出来る作業者でないとやらないと思います。

 具体的には、日本語の特許明細書と英文明細書の両方の作成を行う担当者でなければ、気付きにくい問題です。

 若しくは、両方のチェックを行う企業側の知財部担当者でも良いかもしれません(但し、チェックする時に、そこまで細かくチェックするのは非常に難しいと思いますが)。

 

 日本語の特許明細書と、英文の特許明細書を一人の担当者が作成するような仕事の仕組みを持っている特許事務所は殆どありません。

 このため、殆どの特許事務所がこの問題を余り深刻に考えていないと思います(自分達で対応できないから)。

 しかしながら、特許請求の範囲の解釈では、用語の意味が争いになることが多く、その国の技術レベルで明確でない単語を使ってしまった場合には、争いが不利になることは間違いありません。

 企業に12年居て、1円単位のコストダウンを必死にやっていた経験がありますから、翻訳コストを安く抑える必要性は理解出来ますが、特許の世界では、出願手続にかかる費用は莫大なものであり、それが一つの単語で無意味になってしまうのでは、大変です。

 少なくとも、企業にとって重要な発明に限っては、このような対応が出来る特許事務所をお使いになることをお奨めします。

 

 ちなみに、私が経営するRita特許事務所でも可能ですが、弊所以外でも対応出来る特許事務所を紹介することも可能です(品質も間違いない所です)。

 お気軽に相談して下さい。


英文明細書作成 (その11)

 

 「特許申請やってみる」では、私の弁理士経験をもとに、特許出願に関連する情報を提供しています。

 

 「発明を実施するための形態(Description of Embodiments)」の23〜26段落目(日本語明細書の【0051】〜【0054】、英文明細書の[0030][0033])を以下のように作成しました。

 

   【0051】

 第1実施形態では、本体部10は、発電部31で変換された電気エネルギー、第2電池33に充電された電気エネルギー、または第1電池11に充電された電気エネルギーに基づいて駆動され、車両のバッテリーに充電された電気エネルギーを必要としない。このため、ナビゲーションシステム1が消費する電力が、車両の電気系統に影響を及ぼす可能性を低くすることが出来る。また、車両のバッテリーから供給する電力線(バックアップ電源線やアクセサリ電源線)などをダッシュボード上まで引き回して、本体部10または保持部30まで配線する必要がないため、ナビゲーションシステム1の取り付けを簡素化出来る。また、ダッシュボード上にナビゲーションシステム1に関連する線材を見えにくし、見栄えを良くすることも可能になる。

   【0052】

 また、車両のバッテリーからの電圧を考慮することなく、ナビゲーションシステム1の回路を構成することが出来る。具体的には、車両のバッテリーの電圧24Vまたは12Vを、ナビゲーションシステム1を駆動するのに適当な電圧(3〜5V程度)に変圧するDC−DCコンバーターなどの電子部品を省略し、本体部10や保持部30の構成を簡素化することが可能になる。

   【0053】

 また、発電部31が本体部10と別体の保持部30に配置されるため、発電部31を設けたことによって、本体部10が大きくなることはない。また、第1電池11が本体部10に設けられているので、本体部10を保持部30から取り外しても、本体部10を使用することが可能になる。従って、本体部10は、第1電池11を有し、接続時には保持部30からの電力供給を受けて情報を出力し、非接続時には第1電池に充電された電気エネルギーに基づいて情報を出力する形態のものであればよい。このため、ナビゲーションシステムに限らず、音楽などの音声を出力する携帯用音楽プレーヤー、TVなどの映像を出力するモニター、レーダー探知機などであってもよい。

   【0054】

 また、保持部30から本体部10への電力供給は、双方に設けられたトランス(不図示)を介した磁気結合によって行われてもよい。この場合、本体部10が保持部30に取り付けられた時にオン状態になるスイッチを保持部30に設け、かかるスイッチがオン状態の時に保持部30のトランスに電力供給するなど、本体部10と保持部30との接続状態を確認する確認手段、及び接続状態を確認後に電力供給を開始する制御が必要になるが、本体部10と保持部30との間に電気的な接続端子が不要になる。

 

[0030]

In the first embodiment, the body 10 operates on the basis of electrical energy that is either generated by the power generator 31 or charged in the second battery 33 or the first battery 11. Electrical energy charged in the car battery is not necessary to drive the body 10.

Therefore, the possibility of electrical power consumed by the car navigation system 1 affecting the electrical system of the car can be reduced.

Furthermore, wiring power lines between the car battery, etc., and the body 10 and the base station 30 on the dashboard is not necessary. The power lines include a battery line through which the electrical current always flows and an accessory line through which the electrical current flows only when the accessory switch of the car is in the ON state.

Therefore, installation of the car navigation system 1 can be simplified.

Furthermore, the amount of wires related to the car navigation system 1 that are visible on the dashboard can be reduced so that the visual quality after installation of the car navigation system 1 is better than the case when multiple wires are visible on the dashboard.

[0031]

Furthermore, the circuit of the car navigation system 1 can be constructed without considering the power voltage of the car battery.

Specifically, electrical parts that transform power from a high voltage (24V or 12V) car battery to the lower voltages (3 to 5V) appropriate for driving the car navigation system 1, such as DC-DC converter etc., can be eliminated. Therefore, the construction of the body 10 and the base station 30 can be simplified.

[0032]

Furthermore, the body 10 is not enlarged by the power generator 31 because the power generator 31 is set in the base station 30.

Furthermore, the body 10 can be used even if the body 10 is detached from the base station 30 because the first battery 11 is included in the body 10.

Therefore, the body 10 is not limited to the car navigation system 1, under the condition in which the body 10 includes the first battery 11 and outputs information on the basis of electrical energy charged in the first battery 11 when the body 10 is detached from the base station 30. For example, the body 10 can also be a handheld music player that outputs sounds such as music etc., a display device such as a TV that outputs images, or a radar detector.

[0033]

Furthermore, electrical power may be supplied from the base station 30 to the body 10 using magnetic coupling through transformers Tr1 and Tr2 (see Fig. 9) that are set in the body 10 and the base station 30, respectively.

In this case, an ascertaining device that detects the connection between the body 10 and the base station 30, and a control device that supplies electrical power after the connection is ascertained are necessary. However, the first electrical terminal of the body 10 and the second electrical terminal of the base station 30 can be eliminated.

For example, the base station 30 has a switch SW1 that is in the ON state when the body 10 is attached to the base station 30 as the ascertaining device. When the switch SW1 is in the ON state, the second controller 39 is the control device that supplies electrical power to the transformer Tr2 of the base station 30.

 

 ここでは、本件発明の第1実施形態の効果を詳しく説明しています。

 思いつく効果を出来るだけ挙げておいた方が良いかと思います。

 英文明細書を作成する時のポイントとして、英語でも理解してもらえる単語なのかどうかが分からないものがあります。

 英文明細書の段落【0030】で、バッテリー/バックアップ電源線(battery line)と、アクセサリ線(accessory line)という単語が出てきます。

 自動車の業界用語として、日本ではバッテリー/バックアップ電源線やアクセサリ線で十分に通じるのですが、海外で通じるのかがよく分かりません。

 そんな時は、バッテリー線やアクセサリ線がどのような役割を果たすのかを説明しておいた方が良いと思います。

 日本語の明細書では、バッテリー/バックアップ電源線が、常時電流が流れる線であり、アクセサリ線が、アクセサリスイッチをオン状態にした時だけ電流が流れる線であることを明記していませんが、英文明細書では、これらのことを追記しておきました。


英文明細書作成 (その10)

 

 「特許申請やってみる」では、私の弁理士経験をもとに、特許出願に関連する情報を提供しています。

 

 「発明を実施するための形態(Description of Embodiments)」の18〜22段落目(日本語明細書の【0046】〜【0050】、英文明細書の[0025][0029])を以下のように作成しました。

 

   【0046】

 次に、第2制御部39の電力供給制御の動作手順について、図5のフローチャートを用いて説明する。この制御は、第2電池33に充電された電気エネルギー、または発電部31で変換された電気エネルギーに基づいて、第2制御部29が駆動する間、一定時間(例えば1ms)ごとに行われる。ステップS31で、第2制御部39は、発電部31による発電が行われているか否かを判断する。発電が行われている場合は、ステップS32に進められ、行われていない場合は、ステップS37に進められる。

   【0047】

 ステップS32で、第2制御部39は、本体部10が保持部30に取り付けられているか否かを判断する。接続されているか否かの判断は、例えば、本体部10と保持部30とを接続する端子に電流が流れる状態にあるか否かの判断に基づいて行われる。接続されている場合はステップS33に進められ、接続されていない場合はステップS34に進められる。ステップS33で、第2制御部39は、発電部31で変換された電気エネルギーに基づいて、本体部10に電力を供給する。このとき、本体部10の動作状態や、第2電池33の充電状態に応じて、第2電池33への充電を行っても良い。

   【0048】

 ステップS34で、第2制御部39は、第2電池33の充電状態を確認し、充電が必要な場合には、発電部31で変換された電気エネルギーに基づいて、第2電池への充電を行う。

   【0049】

 ステップS35で、第2制御部39は、不図示の温度センサなどからの情報に基づいて、第2電池33が高温状態にあるか否かを判断する。高温状態にある場合には、ステップS36で、第2制御部39は、冷却部35を駆動し、第2電池33を冷却させる。高温状態にない場合は、手順を終了する。

   【0050】

 ステップS37で、第2制御部39は、本体部10が保持部30に取り付けられているか否かを判断する。接続されている場合はステップS38に進められ、接続されていない場合は手順を終了する。ステップS38で、第2制御部39は、第2電池33に充電された電気エネルギーに基づいて、本体部10に電力を供給する。

 

[0025]

Next, a control sequence for the supply of electrical power by the second controller 39 is explained using the flowchart in Fig. 5.

This control is performed in a predetermined time interval (for example, every 1ms), while the second controller 39 operates on the basis of electrical energy that is either charged in the second battery 33 or generated by the power generator 31.

In step S31, the second controller 39 determines whether the power generator 31 generates solar photovoltaic power.

When the second controller 39 determines that the power generator 31 generates solar photovoltaic power, the operation continues to step S32, otherwise, the operation proceeds to step S37.

[0026]

In step S32, the second controller 39 determines whether the body 10 is attached to the base station 30.

For example, whether the body 10 is attached to the base station 30 is determined on the basis of whether an electrical current can flow through the first and second electrical terminals that connect the body 10 to the base station 30.

When the second controller 39 determines that the body 10 is attached to the base station 30, the operation continues to step S33, otherwise, the operation proceeds to step S34.

In step S33, the second controller 39 supplies electrical power to the body 10 on the basis of electrical energy generated by the power generator 31.

Furthermore, the second controller 39 may charge the second battery 33, depending on the operation of the body 10 and the state of charge of the second battery 33.

[0027]

In step S34, the second controller 39 ascertains the state of charge of the second battery 33.

When it is necessary to charge the second battery 33, the second controller 39 charges the second battery 33 on the basis of electrical energy generated by the power generator 31.

[0028]

In step S35, the second controller 39 determines whether the temperature of the second battery 33 is high on the basis of information from a temperature sensor (not depicted) etc.

When the second controller 39 determines that the temperature of the second battery 33 is high, the operation continues to step S36, otherwise, the operation finishes.

In step S36, the second controller 39 drives the cooler 35 for cooling the second battery 33.

[0029]

In step S37, the second controller 39 determines whether the body 10 is attached to the base station 30.

When the second controller 39 determines that the body 10 is attached to the base station 30, the operation continues to step S38, otherwise, the operation finishes.

In step S33, the second controller 39 supplies electrical power to the body 10 on the basis of electrical energy charged in the second battery 33.

 

 ここでは、保持部(base station)30の第2制御部(second controller)39の動作手順をフローチャートを使って説明しています。

 本件発明では、動作は比較的単純なので、第1制御部(first controller)29の動作と合わせた状態で動作手順を説明することも可能だったかもしれません。

 ただし、その場合、動作の主体がどちらの制御部が行うのかなどを考えると難しくなりましたし、本体部10と保持部30とが接続していない状態での単独動作もあり得るため、それぞれの動作手順を明らかにしておいた方が良いかと思ったので、それぞれの動作手順を説明することにしました。


英文明細書作成 (その9)

 

 「特許申請やってみる」では、私の弁理士経験をもとに、特許出願に関連する情報を提供しています。

 

 「発明を実施するための形態(Description of Embodiments)」の16、17段落目(日本語明細書の【0044】、【0045】、英文明細書の[0023][0024])を以下のように作成しました。

 

   【0044】

 保持部30から本体部10への電力供給は、本体部10に設けられた凹部10aの端子、及び保持部30に設けられた凸部30aの端子を介して行われる。本体部10が保持部30に取り付けられた時に、凹部10aと凸部30aとが係合し、端子同士が接触することにより、凹部10aと、凸部30aとを介して、保持部30から本体部10への電力供給が可能になる。凹部10aと凸部30aとの係合により、本体部10が保持部30に取り付けられた時に、電気的な接触が確実に行われやすくなる。

   【0045】

 また、凹部10aには、凸部30aとの係合時に凸部30aの挿入によって開き、非係合時に閉じる扉部10bが設けられる。非係合時は、凹部10aの内側に設けられた端子が扉部10bにより隠されるので、接触不良の原因となる埃などの進入を防止することが可能になる。

 

 [0023]

Electrical power supplied from the base station 30 to the body 10 is conducted between a first electrical terminal of the concave portion 10a in the body 10 and a second electrical terminal of the salient portion 30a in the base station 30.

When the body 10 is attached to the base station 30, the concave portion 10a engages with the salient portion 30a, the first electrical terminal of the concave portion 10a makes contact with the second electrical terminal of the salient portion 30a, and electrical power can be supplied from the base station 30 to the body 10 through the concave portion 10a and the salient portion 30a.

The electrical connection of the concave portion 10a engaged to the salient portion 30a can be ascertained when the body 10 is attached to the base station 30.

[0024]

Furthermore, a flapper 10b is set in front of the concave portion 10a. The flapper 10b is opened by the insertion of the salient portion 30a when the concave portion 10a engages with the salient portion 30a. The flapper 10b is closed when the concave portion 10a does not engage with the salient portion 30a.

When the concave portion 10a does not engage with the salient portion 30a, the first electrical terminal inside the concave portion 10a is covered by the closed flapper 10b. Therefore, dust incursion that may cause a contact failure can be prevented.

 

 ここでは、本体部10と保持部30との接続部分の特徴について説明しています。

 フローチャートの説明の前にやっても良かったのですが、何となく(ホントに何となく)、しっくりくる場所が見つからなくて、このような1つめのフローチャートの説明と、2つめのフローチャートの説明の間に入ってしまいました。


英文明細書作成 (その8)

 

 「特許申請やってみる」では、私の弁理士経験をもとに、特許出願に関連する情報を提供しています。

 

 「発明を実施するための形態(Description of Embodiments)」の13〜15段落目(日本語明細書の【0041】〜【0043】、英文明細書の[0020][0022])を以下のように作成しました。

 

   【0041】

 次に、第1制御部29の電力供給制御の動作手順について、図4のフローチャートを用いて説明する。この制御は、第1電池11や第2電池33に充電された電気エネルギー、または発電部31で変換された電気エネルギーに基づいて、第1制御部29が駆動する間、一定時間(例えば1ms)ごとに行われる。ステップS11で、第1制御部29は、保持部30から、本体部10に、電力供給されているか否かを判断する。

   【0042】

 電力供給されているか否かの判断は、例えば、本体部10と保持部30とを接続する端子に電流が流れているか否かの判断に基づいて行われる。本体部10が保持部30に保持されていない場合や、保持部30の発電部31が発電しておらず、且つ第2電池33が充電されていない場合には、該接続端子に電流が流れていないと判断される。

   【0043】

 電力供給されている場合はステップS12に進められ、電力供給されていない場合はステップS13に進められる。ステップS12で、第1制御部29は、発電部31で変換された電気エネルギーまたは第2電池33に充電された電気エネルギーに基づいて、本体部10の各部に電力を供給する。また、第1制御部29は、本体部10の動作状態や、第1電池11の充電状態に応じて、第1電池11への充電を行う。ステップS13で、第1制御部29は、第1電池11に充電された電気エネルギーに基づいて、本体部10の各部に電力を供給する。

 

[0020]

Next, a control sequence for the electrical power supplied by the first controller 29 is explained using the flowchart in Fig. 4.

This control is performed in a predetermined time interval (for example, every 1ms), while the first controller 29 operates on the basis of electrical energy either charged in the first battery 11 or the second battery 33, or generated by the power generator 31.

In step S11, the first controller 29 determines whether the electrical power is supplied from the base station 30 to the body 10.

[0021]

For example, whether or not electrical power is supplied to the body 10 from the base station 30 is determined based on whether or not an electrical current flows through the electrical terminals that connect the body 10 to the base station 30.

When the body 10 is not supported by the base station 30, electrical current does not flow through these electrical terminals.

When the power generator 31 does not generate solar photovoltaic power and the second battery 33 is in an uncharged (empty) state, electrical current does not flow through these electrical terminals.

[0022]

When the first controller 29 determines that electrical power is supplied from the base station 30 to the body 10, the operation continues to step S12, otherwise, the operation proceeds to step S13.

In step S12, the first controller 29 supplies electrical power to each part of the body 10 on the basis of electrical energy that is either generated by the power generator 31 or charged in the second battery 33.

Furthermore, the first controller 29 charges the first battery 11 depending on the operation of the body 10 and the state of charge of the first battery 11.

In step S13, the first controller 29 supplies electrical power to each part of the body 10 on the basis of electrical energy charged in the first battery 11.

 

 日本語の特許明細書作成の時にも説明しましたが、フローチャートは、制御部などの機械が動作主体となって説明するのが望ましいです。

 日本語では、主語を省略しても文章は成立しますが、英語や中国語では主語が無いと文章が成立しません。

 英語では、受身形で書くことにより主語が無くてもある程度、意味は通じますが、中国語では、受身形を多用すると意味が分からなくなります。

 制御部を動作主体としたフローチャートにすることにより、総てのステップの主語が制御部(First controller)になってしまい、単調になりますが、特許明細書では、文章の格好良さよりも、意味が確実に通じることの方が重要です。

 単調なだけに、不明確で訴訟時の争点になる可能性を低くすることが出来ます。


英文明細書作成 (その7)

 

 「特許申請やってみる」では、私の弁理士経験をもとに、特許出願に関連する情報を提供しています。

 

 「発明を実施するための形態(Description of Embodiments)」の7〜12段落目(日本語明細書の【0035】〜【0040】、英文明細書の[0014][0019])を以下のように作成しました。

 

   【0035】

 次に、保持部30の構成について説明する。発電部31は、光起電力効果を利用し、光エネルギーを電気エネルギーに変換する(太陽光発電を行う)太陽電池であり、保持部30の上面(図1参照)、または本体部10が取り付けられる側と反対側の表面上などフロントガラスを介して太陽光が受けられる位置に設けられる。このため、発電部31は、昼間など太陽光を受ける間は、受光した光に基づいて起電力を発生させる(発電する)。すなわち、光エネルギーを電気エネルギーに変換する。

   【0036】

 本体部10が保持部30に取り付けられている場合、発電部31で変換された電気エネルギーは、本体部10の第1電池11への充電、及び本体部10の駆動のために優先的に使用される(図5のステップS33参照)。また、本体部10が保持部30に取り付けられていない場合、発電部31で変換された電気エネルギーは、第2電池33への充電に使用される(図5のステップS34参照)。

   【0037】

 第2電池33は、充電可能な蓄電池であり、第2電池33への充電は、後述する発電部31で得られた電気エネルギーに基づいて行われる。第2電池33に充電された電気エネルギーは、夜間など、太陽光を受けず発電部31が起電力を発生させない時に、第1電池11への充電、及び本体部10の駆動のために使用される。

   【0038】

 車両を運転しない不使用時には、盗難防止の観点から、本体部10が保持部30から取り外されることが考えられる。この場合は、発電部31で得られた電気エネルギーを本体部10の第1電池11への充電に使用することが出来ないが、保持部30に設けられた第2電池33への充電に使用することが出来る。また、本体部10の軽量化、小型化の観点からは、本体部10に搭載する第1電池11は出来るだけ軽量、且つ小型のものが望ましい。この場合、第1電池11の蓄電容量が小さくなるが、保持部30に設けられた第2電池33も本体部10の駆動に使用出来るため、バッテリー切れが起きにくく出来る。なお、第2電池33は、ダッシュボード上に固定された保持部30に設けられ、持ち運びの必要性が無いため、第1電池11よりも蓄電容量が大きいものを使用することが可能になる。

   【0039】

 冷却部35は、空冷ファンやペルチェ素子などの冷却装置であり、発電部31で変換された電気エネルギーに基づいて駆動され、第2電池33を冷却する。保持部30から取り外して車両外に持ち出しできる本体部10の第1電池11と異なり、車両のダッシュボード上に固定された保持部30の第2電池33は、太陽光を受けて高温下にさらされることが考えられるが、冷却部35により、高温による第2電池33の劣化を防止することが可能になる。なお、冷却部35の駆動には電力が必要になるが、冷却部35による冷却が必要となる状況は、長時間太陽光を受け続けた時に発生する。この場合には、発電部31で電気エネルギーが十分に得られるため、冷却部35の駆動のために、第2電池33に充電された電気エネルギーに基づく電力を消費する必要はない。

   【0040】

 第2制御部39は、CPUなどの制御装置であり、保持部30を構成する各部を制御する。特に、第2制御部39は、本体部10が保持部30に接続されている場合に、本体部10への電力供給を行う(図5のステップS33、S38参照)。また、第2制御部39は、第2電池33が高い温度状態である場合に、冷却部35を駆動する(図5のステップS36参照)。また、発電部31による発電が行われている場合には、第2制御部39は、第2電池33の充電状態を確認し、充電が必要な状態である場合には、発電部31で変換された電気エネルギーに基づく第2電池33への充電を行う(図5のステップS34参照)。

 

[0014]

Next, the construction of the base station 30 is explained.

The power generator 31 is a solar battery that converts light energy into electrical energy by means of the photovoltaic effect. In other words, solar photovoltaic power is generated.

The power generator 31 is arranged on the top surface of the base station 30 (see Fig. 1), or arranged in a position that can receive solar light through the windshield. For example, the power generator 31 may be arranged on a surface of the base station 30 opposite to a position on which the body 10 is attached.

Therefore, the power generator 31 generates electromotive force (generates electric power) on the basis of the received light while the power generator 31 receives sunlight during the daylight hours. In other words, the power generator 31 converts light energy into electrical energy during daytime etc.

[0015]

When the body 10 is attached to the base station 30, the electrical energy converted by the power generator 31 is initially used for driving the body 10 and for charging the first battery 11, but also for charging the second battery 33 of the base station 30 (see step S33 of Fig. 5).

Furthermore, when the body 10 is not attached to the base station 30, the electrical energy converted by the power generator 31 is used for charging the second battery 33 (see step S34 of Fig. 5).

[0016]

The second battery 33 is a rechargeable battery (an accumulator battery). Charging the second battery 33 is performed on the basis of electrical energy obtained from the power generator 31.

The electrical energy charged in the second battery 33 is used for driving the body 10 and for charging the first battery 11 when the power generator 31 does not receive sunlight, so that the power generator 31 does not generate the electromotive force when not exposed to direct sunlight, such as at nighttime etc.

[0017]

When the car including the car navigation system 1 is not operated, so that the car navigation system 1 is not being used, the body 10 is detachable from the base station 30 to prevent theft.

In this case, the electrical energy obtained from the power generator 31 cannot be used for charging the first battery 11 of the body 10, but it can be used for charging the second battery 33 of the base station 30.

Furthermore, it is desirable that the first battery 11 included in the body 10 is light in weight and small in size in order to provide weight-saving and downsizing benefits to the body 10.

If the first battery 11 is downsized, the storage capacity of the first battery 11 becomes small. However, because the second battery 33 included in the base station 30 can be used for driving the body 10, the possibility of the battery going dead is low.

Note that the second battery 33 is set in the base station 30, which is fixed onto the dashboard so that it is not necessary to carry the second battery 33. Therefore, the large storage capacity second battery 33 can be used, instead of the first battery 11.

[0018]

The cooler 35 is a cooling apparatus such as an air-cooling fan, a peltier device, etc. The cooler 35 is driven on the basis of the electrical energy converted by the power generator 31 and cools the second battery 33.

The body 10 can be detached from the base station 30. Therefore, when the body 10 is detached from the base station 30 the first battery 11 included in the body 10 can be cooled down.

On the other hand, the base station 30 including the second battery 33 is fixed to the dashboard and receives sunlight, which may cause high temperatures for the second battery 33.

However, in the first embodiment, the second battery 33 can be cooled by the cooler 35 to prevent the deterioration of the second battery caused by high temperatures.

It is necessary to supply electrical power to the cooler 35 for driving the cooler 35, but driving the cooler 35 is necessary only after the base station 30 has been exposed to sunlight for a long time.

In this case, the electrical energy can be obtained from the power generator 31, while the base station 30 including the power generator 31 is exposed to sunlight. Therefore, consumption of electrical power generated from electrical energy charged in the second battery 33 to drive the cooler 35 is not necessary.

[0019]

The second controller 39 is a control apparatus, such as a CPU etc., that controls each part of the base station 30.

Specifically, the second controller 39 controls the supply of electrical power to the body 10 when the body 10 is connected to the base station 30 (see steps S33 and S38 of Fig. 5).

Furthermore, the second controller 39 drives the cooler 35 when the temperature of the second battery 33 is high (see step S36 of Fig. 5).

Furthermore, when solar photovoltaic power is generated by the power generator 31, the second controller 39 ascertains the state of charge of the second battery 33.

When it is necessary to charge the second battery 33, the second controller 39 charges the second battery 33 on the basis of electrical energy obtained from the power generator 31 (see step S34 of Fig. 5).

 

 ここで注意すべきは、フロントガラスを、front glassではなく、windshieldと訳す点です。

 本件発明にとっては、それほど重要な役目を果たす単語ではありませんが、カタカナの単語は、そのまま英語にしても意味が通じないことがありますので、辞書で調べる癖を付けておいたほうが良いと思います。


英文明細書作成 (その6)

 

 「特許申請やってみる」では、私の弁理士経験をもとに、特許出願に関連する情報を提供しています。

 

 「発明を実施するための形態(Description of Embodiments)」の3〜6段落目を以下のように作成しました。

 

   【0031】

 本体部10は、第1電池11、自車位置検知部13、モニター17、及び第1制御部29を有し、保持部30は、第2電池33、発電部31、冷却部35、及び第2制御部39を有する(図3参照)。

   【0032】

 本体部10の構成について説明する。第1電池11は、充電可能な蓄電池であり、第1電池11への充電は、後述する発電部31で得られた電気エネルギー、または第2電池33に充電された電気エネルギーに基づいて行われる。第1電池11に充電された電気エネルギーは、本体部10が保持部30に取り付けられていない場合などに、本体部10の駆動(モニター17の表示など本体部10のメイン動作を含むナビゲーションシステム1の電気的な動作)を行うために使用される。なお、第1電池11への充電は、保持部30から取り外した状態で、図示しないAC電源からも行われる形態であってもよい。

   【0033】

 自車位置検知部13は、単独の携帯電話基地局からの電波情報に基づくセルベース測位、複数の携帯電話基地局からの電波情報に基づく複数基地局測位、及びGPS測位などで、緯度経度情報を取得する装置である。モニター17は、自車位置検知部13からの緯度経度情報に基づいて特定された自車位置や、目的地までのルートを地図上に表示する。

   【0034】

 第1制御部29は、CPUなどの制御装置であり、本体部10を構成する各部を制御する。特に、第1制御部29は、保持部30からの電力供給の有無を確認し(図4のステップS11参照)、電力供給されている場合には、保持部30から供給される電力で各部を駆動し(図4のステップS12参照)、保持部30からの電力供給が無い場合には、第1電池11から供給される電力で各部を駆動する(図4のステップS13参照)。また、保持部30から電力供給されている場合には、第1制御部29は、第1電池11の充電状態を確認し、充電が必要な状態である場合には、発電部31で変換された電気エネルギーまたは第2電池33に充電された電気エネルギーに基づく第1電池11への充電を行う。

 

[0010]

The body 10 has a first battery 11, a position detector 13, a monitor 17, and a first controller 29 (see Fig. 3). The base station 30 has a power generator 31, a second battery 33, a cooler 35, and a second controller 39.

[0011]

The construction of the body 10 is described.

The first battery 11 is a rechargeable battery (an accumulator battery). Charging the first battery 11 is performed on the basis of the electrical energy obtained from the power generator 31 or on the basis of the electrical energy charged in the second battery 33.

The electrical energy charged in the first battery 11 is used for driving the body 10 when the body 10 is not attached to the base station 30 etc. Driving the body 10 is an electrical operation of the car navigation system 1, and includes the main operations of the body 10, such as an indication by the monitor 17 etc.

Note that charging the first battery 11 may be performed on the basis of the electrical energy of AC power (not described) under the condition in which the body 10 is detached from the base station 30.

[0012]

The position detector 13 is an apparatus that obtains latitude and longitude information on the basis of cell-based positioning, plural-base-station positioning, or GPS positioning, etc. The cell-based positioning is based on electrical wave information emitted from a single cellular base station. The plural-base-station positioning is based on the electrical wave information emitted from a plurality of cellular base stations.

The monitor 17 displays a position of the car, including the car navigation system 1, and a map with a route to the destination. The position of the car is specified on the basis of the latitude and longitude information provided by the position detector 13.

[0013]

The first controller 29 is a control apparatus, such as a CPU etc. that controls each part of the body 10.

Specifically, the first controller 29 ascertains the presence of the electrical power supply from the base station 30 (see step S11 of Fig. 4).

When electrical power is supplied from the base station 30 to the body 10, the electrical power from the base station 30 drives each part of the body 10 (see step S12 of Fig. 4).

Otherwise, electrical power from the first battery 11 drives each part of the body 10 (see step S13 of Fig. 4).

Furthermore, when electrical power is supplied from the base station 30 to the body 10, the first controller 29 ascertains a state of charge of the first battery 11.

When it is necessary to charge the first battery 11, the first controller 29 charges the first battery 11 on the basis of the electrical energy obtained from the power generator 31 or on the basis of the electrical energy charged in the second battery 33.

 

 制御部などの英語表現では、米国のmeans plus functionクレームの扱いを避けるために、control unitとはせずに、controllerとしています。

 「特許請求の範囲(claims)」で使用する単語だけを注意しておけば良いのですが、忘れる可能性があるので、出来るだけ総ての単語について意識しておいた方が良いかと思います。

 セルベース測位については、英語の単語が適当であるかどうかが分からなかったので、不明確名表現にならないように具体的な説明を加えておきました。


英文明細書作成 (その5)

 

 「特許申請やってみる」では、私の弁理士経験をもとに、特許出願に関連する情報を提供しています。

 

 英語の単語は、極力辞書を使って調べることをお奨めします。

 特に、簡単で分かりきっていると思い込むのが大変危険です。

 例えば、フロントガラスは、front glassだと思い込んでいたのですが、windshieldだったんですね。

 意味が通じれば良いのですが、時には和製英語で、英語として全く通じない場合には、致命傷になりかねません。

 「特許請求の範囲(claims)」で使用する単語は、特に注意しましょう。


英文明細書作成 (その4)

 

 「特許申請やってみる」では、私の弁理士経験をもとに、特許出願に関連する情報を提供しています。

 

 英文の特許明細書を作成する際に、日本語と英語の単語の一覧表を作成することをお奨めします。

 エクセルなどで、日本語の特許明細書内で使った単語を並べ、その横に、対応する英語表現を記載しておきます。

 

 英文の特許明細書作成は、何日もかかる場合があり、最初と最後で同じ意味の単語を違う表現で書いてしまうこともあるので、これを防止するためです。

 

 私は、パソコンのモニターを3つ駆使し、エクセルの単語一覧表、ワードの特許明細書、パワーポイントの特許図面を同時に開いてそれぞれの内容の整合性をチェックしながら特許明細書作成を行っています。


英文明細書作成 (その3)

 

 「特許申請やってみる」では、私の弁理士経験をもとに、特許出願に関連する情報を提供しています。

 私が考案した発明における「発明を実施するための形態(Description of Embodiments)」で、具体的に説明していきます。

 

 「発明を実施するための形態(Description of Embodiments)」の最初の2段落を以下のように作成しました。

 日本語の特許明細書と、英語の特許明細書とでは、「課題を解決するための手段(Solution to Problem)」で書く段落数が異なるため(同じでも良いのですが)、段落番号は一致していません。

 また、日本語の特許明細書では、項目名や段落番号を墨付きかっこ【****】で、書きましたが、英語の特許明細書では、項目名や段落番号を普通のかっこ[****]で書きます。

 

 

【発明を実施するための形態】

   【0029】

 以下、本発明にかかる第1実施形態について、図を用いて説明する。第1実施形態におけるナビゲーションシステム(情報出力装置)1は、本体部10、及び保持部30を備える(図1参照)。保持部30は、車両のダッシュボード上に固定され、不図示の取り付け具を介して、本体部10を着脱可能な状態で保持する(図2参照)。

   【0030】

 なお、保持部30の取り付け位置は、後述する発電部31が、フロントガラスを介して太陽光を受けられる位置に配置出来れば、ダッシュボード上に限らない。例えば、フロントガラス、サンバイザー、ルームミラー、及びエアコン吹き出し口への取り付けも考えられる。

 

 

[Description of Embodiments]

[0008]

The present invention is described below with reference to the embodiment shown in the drawings.

The first embodiment is described. A car navigation system (an information output apparatus) 1 in the first embodiment comprises a body 10 and a base station (cradle) 30 (see Fig. 1).

The base station 30 is fixed onto a dashboard of a car and supports the body 10 through a mounting member (not described), under the condition in which the body 10 is detachable from the base station 30 (see Fig. 2).

[0009]

Note that, if a power generator 31 that is described later can be arranged in a position where the power generator 31 can receive solar light, a mounting position of the base station 30 may not be limited to the top of the on-dashboard. For example, the base station 30 may be fixed to the windshield, a sun visor, the rearview mirror, or an air conditioner vent.

 

 

 この段落で悩んだのは、保持部30の英語表現でした。

 機能的なことを考えると、base stationcradleという表現が適当ではないかということに落ち着きましたが、holderなど別の表現案も出てきました。

 作成のコツとしては、あまり、ひとつの表現に拘らないで、表現方法に悩んだ単語はチェックしておき、英文明細書の作成を進めながら適当な表現方法を再検討して行く方が良いと思います。

 最終的には、英語ネイティブの英文チェッカーに読んでもらって、適当な表現のアドバイスを受けたほうが良いと思います。


calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM